住宅の大切なメンテナンス!?屋根塗装の全体の流れなど基本情報にご紹介

このサイトでは、外壁塗装と同じく住宅の大切なメンテナンスともいえる屋根塗装の全体的な流れなど、基本的な知識を中心にご紹介しています。
一般的に、屋根は8年ごとに塗装を繰り返すことが良いとされるけれども、これは適切な塗装工事を行っている業者を利用した場合です。
塗装を行うときには屋根切りを屋根と屋根の隙間に挿入するけれども、このような作業についても塗装前に知識として得ておくことで安心な塗装リフォームができますし、必要な屋根の種類などにも触れているため参考にされると良いのではないでしょうか。

住宅の大切なメンテナンス!?屋根塗装の全体の流れなど基本情報にご紹介

屋根塗装は、家を守る屋根に対するリフォーム工事であり重要なメンテナンスです。
塗装工事の全体的流れを知ることでそれぞれの工程で重要視しなければならない部分が見えて来たり、業者さんに屋根塗装の見積もりを依頼したときの営業マンからの説明も納得ができるようになるのではないでしょうか。
なるべく、専門用語を使わずに説明を行ってくれる営業マンは優良な塗装会社であり、縁切りなどの必要性についても教えてくれると安心に繋がります。

屋根塗装は足場の設置が欠かせない住宅リフォーム工事

住宅リフォーム工事にはいろいろなものがあり、たとえば室内の壁という壁をこわして柱だけの状態にした上で、間取りの変更や設備の全面的な更新を行うスケルトン工事は当然ですがそのひとつです。
実はこうした大規模な工事にかぎらず、たとえば住宅の寿命を延ばすために行う屋根塗装なども、立派な住宅リフォーム工事のなかに含まれます。
屋根塗装にあたっては足場設置の作業をともなうのがふつうですが、素人目に見ればはしごや脚立があれば十分ではないかと感じることがあります。
とりわけ設置費用だけで数十万円もかかることがあり、全体の工事費のなかでもそれなりのウエイトを占めていることから、できれば予算を節約したいと思ってしまうのも当然の話です。
しかし足場がなければ高所にある部分を正確に施工することができず、塗りムラが発生するなどの品質にかかわるほか、高所で作業する職人の安全にとっても重要です。
また屋根塗装の際の高圧洗浄や塗装作業における水滴や塗料の飛散を防ぐためにも、飛散防止シートを展開する場所を確保する必要があり、その意味でも必要性は高いといえます。

屋根塗装は高圧洗浄で屋根の上の汚れをきれいに洗い流す

屋根塗装をするにあたっては、足場を組んだのちに機械を用いて高圧洗浄を行う作業を伴います。
屋根は常に風雨にさらされているものですが、長年の間に苔やその他の汚れが付着してしまうことがありますし、また古い塗料がはがれてムラが生じていることもあります。
こうした汚れなどをいったんきれいに洗い流しておかないと、新しい塗料が屋根材に十分に密着して塗膜を形成することを阻害してしまうことがあります。
そこで屋根塗装といえばまず高圧洗浄から入るのがセオリーとなっています。
もちろん業務用の強力な機械を使いますので、屋根材の劣化がはげしければ水圧によってかえって屋根材を傷めて破損させてしまったりすることもあり得ます。
逆にそのように劣化が進行してしまっている状況であれば、屋根塗装よりもむしろ屋根材の葺き替えであったり、カバー工法で屋根の上からガリバリウム鋼板の覆いをかけるといった方法を検討したほうがよいこともあります。

鉄部塗装は屋根塗装に付随する部分でサビ落としなども重要な工程

鉄部塗装は屋根塗装に付随する部分において、下地作りとそのサビ落としなども重要な工程となるのではないでしょうか。
塗装は塗料を塗るだけが作業ではなく、下地作りも作業の一環だといえますし、場合によっては塗料よりも重要性が高まります。
理由は密着に左右するからで、中途半端な下地に塗ってもしっかりと定着せず、経年で浮いてきたり耐用年数を向かえる前に劣化することになります。
屋根塗装もそうですが、鉄部は特にサビが塗料の定着を妨げますし、サビの進行で浮いてしまうので、十分に落とし切ることが大事です。
この作業が甘いといくら丁寧に塗っても綺麗に仕上がりませんし、防水や保護といった効果が発揮されないです。
作業がいい加減だと住宅の信頼性や将来の価値にも影響を及ぼしますから、信頼できる業者に任せることが重要です。
空気や水分が入り込む隙間を作らないようになめらかな表面に仕上げることで、ようやく密着性を高めるケレンに進めますから、何事も最初や基礎が肝心だといえるのではないでしょうか。

屋根塗装で最初に塗るのが下塗り材で下地と重ね塗りする塗料の接着剤

屋根塗装で最初に行う工程が下塗りです。
下塗りはプライマーやシーラーと言われる下塗り材を塗布している作業となります。
屋根の素材は劣化していると塗料をどんどん吸い込んでいきます。
吸い込む量が多いとその分、必要となる塗料も増えてしまいますし、作業時間もかかってしまいます。
そこでプライマーやシーラーを塗る訳です。
下塗り材をしっかり屋根材に染み込ませることで、より塗料を塗りやすくしていきます。
屋根塗装ではその後、タスペーサーという役物を挿入するのが一般的です。
タスペーサーは、屋根材と屋根材の継ぎ目が塗膜で塞がれてしまうのを防ぐ目的で行う工程です。
下塗りとタスペーサー挿入が完了したら、中塗りを行っていきます屋根塗装では中塗り・上塗りと2回塗料を塗っていくことになります。
上塗りをすることでツヤを出し美観を高めることができる他、耐久性をアップする効果もあるようです。
このように細かい工程を経て屋根塗装は完了です。

屋根塗装に関する情報サイト
屋根塗装の基本的な知識

このサイトでは、外壁塗装と同じく住宅の大切なメンテナンスともいえる屋根塗装の全体的な流れなど、基本的な知識を中心にご紹介しています。一般的に、屋根は8年ごとに塗装を繰り返すことが良いとされるけれども、これは適切な塗装工事を行っている業者を利用した場合です。塗装を行うときには屋根切りを屋根と屋根の隙間に挿入するけれども、このような作業についても塗装前に知識として得ておくことで安心な塗装リフォームができますし、必要な屋根の種類などにも触れているため参考にされると良いのではないでしょうか。

Search